Follow @syozopanda
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CSA⇔mscr

音楽の事をあんな視点、こんな視点から綴ります。

ドラゴンクエストⅨの愚痴(プレイ中)

僕、ドラクエが好きでですね。

特に「天空シリーズ」と言われているⅣ、Ⅴ、Ⅵあたりは最高に好きです。

先日DS版Ⅵをクリアしまして(ダークドレアムはまだ倒してないけどw)、ちょっとドラクエ熱がアガってきましたので、その勢いでⅨを中古で購入しました。

ドラゴンクエストIX 星空の守り人

ドラゴンクエストIX 星空の守り人

 

 前にも買ってそこそこプレイしてたんですけど、内容をかなーり忘れてましたので改めての購入です。(前に持ってた分は…亡くしたのか売ったのか…覚えてない…)

今作はロトシリーズ(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ)、天空シリーズとは関連のない独立した作品ですね。

ちなみに、Ⅶ、Ⅷも独立した作品みたいですぞ。

 

Ⅸはまだ全然中盤にも達してないくらいのプレイなのですが、今の段階で見えてきた不満点をまず挙げようと思います。結構不満が貯まるんですよ、コレ。愚痴みたいなものです。

いや、面白いんですけどね…。まずは箇条書きで。笑

 

  1. 仲間が完全に人形
  2. 戦闘アニメーションがダルい
  3. 転職のシステム
  4. シンボルエンカウント
  5. クエスト
  6. 黒ギャル

 

パッと思いつくのでこれくらいかなぁ。

まず「仲間が完全に人形」から。

仲間が完全に人形

ドラクエⅨはⅢと同様、ルイーダの酒場にて仲間を作るシステムです。

ストーリーを進める上で知り合ったキャラと仲間になる、とかじゃないんですね。

それはまぁいいのですけど、基本的に戦闘でしか存在感がありまん。

ストーリー上のイベントではもちろん空気ですし、今作では「会話システム」もありません。

リメイク版ドラクエⅥをやって思ったのは「仲間との会話」がめちゃくちゃ面白いということ。

例えばある街の住人が「ここは魔物に襲われて…」と言ったとする。そこで仲間に話しかけると「ひどいわね…許せない!」「オレたちがなんとかしてやろうぜ!」とか言ってくれるんですよ。

これがすっごい細かい事にまで対応してくれてて、ストーリーを進めるのがとても楽しかったんです。内容をより深く知れますしね。この時こいつはこう思ってたんだ〜みたいな。

(正直会話システムがなければアモスをスタメンには入れてなかったでしょう…リメイク版Ⅵのアモス、めちゃくちゃ面白いんです。)

 

ですが、Ⅸではただただ主人公の後を付いて回り戦闘だけを繰り返すマシーンのようです。あまりにも寂しすぎる。そこは残念でしたね…

 

戦闘アニメーションがダルい

Ⅸでは戦闘の様子をより臨場感たっぷりで届けたいのか、キャラが敵に斬りつける様子とか防御するとかいうアニメーションが組み込まれています。

従来のドラクエの戦闘といえば、画面に敵がおり剣なら剣で斬りつけるだけのアニメーションでしたが、今作はキャラもガッツリ入ってきます。

…分かりにくいっすねw

簡単に言えば、非常にテンポが悪いんですよね。ボス戦ならまだしも、雑魚戦はサクサク終わらせたいじゃないですか。いちいち攻撃のモーションなんて見てられません。

それに加えて「ラリホー」などの呪文を敵に唱えられると、ひとりひとりに魔法のエフェクトがかかります。この時間もダルい。で、後述するシンボルエンカウント制が相まって、戦闘を出来るだけ避けてしまいます。戦闘がダルいと結構苦痛なんですよドラクエって。

 

転職のシステム

 

Ⅸの転職のシステムはⅢと同様、転職するとレベルが1になってしまうシステムです。

ただ、レベルアップ時に与えられる「スキルポイント」を使用して得られる「スキル」というものがありまして、それは転職しても引き継げますので(呪文は引き継げない)、より沢山の職業を極めるとどんどんスキルを覚えて強くなります。

このシステム自体はいいのですが、問題は「上級職」

上級職とは、普通の職業よりも強い職業です。基本ステータスの値が高かったり、ここでしか覚えない強いスキルや呪文があるわけで、ストーリーを進めるにあたって出てくる強ボスに打ち勝つには「上級職」に転職する必然性が出て来るのです。

が、この上級職に転職できるようになるには「クエスト」の達成が条件として出て来ます。

例えば、攻撃力が強い「バトルマスター」に転職できるようになるには

スーパーハイテンションの状態でスライムをドラゴン斬りで5匹倒す」

というクエストが与えられます。

それを達成すると晴れてバトルマスターに転職できるようになるのですが…。

 

め ん ど く せ え

 

これが非常にめんどくせえんじゃ。(千鳥風)

めんどくさいことの対価としてそれ相応のものが与えられるという等価交換は分かるのですけど、でもやっぱりめんどくせえんじゃ!

ただでさえ転職するとレベルが1になってしまうというめんどくささも備えているのに…(=レベル上げが必須になってきます)。

やる前からめんどくさいことがわかっているのでやる気がしない→ゲーム放置という流れになりかねません。っていうか、僕の現状、そうなってます。笑

もっと簡単にせえよ…って言う訳じゃないのですが、ちと厳しいなぁ。

全部の上級職を転職可能にするには、こういったクエストを5つ達成せねばなりませんしね。やりがいがあるといえばそうなのでしょうが…僕個人としてはやっぱり、

めんどくせえんじゃ!の一言に尽きます。笑

 

シンボルエンカウント

今作ではランダムエンカウントではなく、シンボルエンカウントが導入されています。

フィールドやダンジョンにおいて出てくる敵のシンボルに触れると戦闘になるシステムですね。

これがですね。敵に触れると戦闘になると分かっているのだから、前述したダルい戦闘を避けたいという心理が働いて、基本的に避けるようになります。

「!」と主人公に気づいた敵は追いかけてくるのですが、無視して走ってれば意外とまけたり。

が、細い道にどーんとデカい敵が現れた時はイライラ度が上がります。本当に邪魔です。

 

で、もう一つは「せいすい」を使ったメタル狩りです。

今回の「せいすい」は敵の出現率を下げるものではなく、自分自身が「透明人間」になるものです。透明人間になれば敵にも気づかれずにヒョイヒョイ避けて進むことが出来るわけですね。

そして出て来たメタルスライム系モンスターだけと接触すれば無駄な戦闘を省いて効率よくレベル上げが出来るわけです。

いやまぁ、ありがたいのだけど、これって…どうよ?w

確実にメタル系と出逢えるわけですから、ちょっと面白味には欠けますよね。

いつ出てくるかわからないのをなんとか逃げる前に狩るから楽しかったのであって。

こうなると一気に作業感が出て少し萎えてしまします。効率は良いのですけどね…

ドラクエにおいてやはりシンボルエンカウントには慣れません。。

 

クエスト

前述した上級職になるための「クエスト」を筆頭に、Ⅸでは様々なクエストがあります。最近のRPGではもはや当たり前になりましたね。

例えば「南の森にいるモンスターが持っている◯◯を5つ持ってきてくれ!」とかそういうやつです。ストーリーには直接関係ないけど、達成するとご褒美あるよ、みたいな。

が、ドラクエⅨのクエストはそのご褒美…報酬が微妙なイメージです。笑

良いアイテムをくれたりもするのですけどね。これもプレイヤーの負荷を考えると割に合ってない感じがします。あんなに頑張ったのにこんだけ?!みたいな。

クエストを受注する前に予め攻略サイトを見て、「ああ、この報酬なら別にいいか…」となってしまいます。笑

二ノ国 白き聖灰の女王」でのクエストは楽しかったんだけどなぁ。

 

黒ギャル

あ、別に黒ギャル批判ではありません。むしろ黒ギャル自体は好k…ゲフンゲフン。

ドラクエⅨには「サンディ」というキャラが存在します。

彼女は妖精で、ゲームプレイにおけるヒントを言ったり、イベントでのセリフが与えられたりしているのですが、こいつがまぁ…ウザいんじゃあ!

ドラクエの世界観をぶち壊すような「ギャル語」の連発。暗い話に無理やり入ってくるKYさ

最初に挙げたように仲間と話せないⅨにおいてはこのサンディとの会話だけが冒険を進める上での寂しさを和らげてくれるキャラ…のはずなんですけどね。

正直、こんなキャラなら居ないほうがマシです。細い道を塞ぐシンボルエンカウントの敵より邪魔だとさえ思います。笑

戦闘に参加してくれたりすれば、まだ挽回も出来たのかもしれませんけどね…。

今のところなかなかに不快です。

 

…と、まぁ。愚痴をダラダラ書いてきましたが、楽しんでプレイしてはいます。笑

 今のところ、主人公は戦士のレベル30くらい。あとは武闘家、僧侶、魔法使いってパーティ。メタルブラザーズを狩りまくってるんですけど、そろそろバトルマスターとかになりたいなぁと思ってるところ。でもめんどくさいわーってところです。笑

このまま放置せずに無事クリア出来たらまたレビューしようかなw

いろいろ書きましたけど、オススメですよ?w

広告を非表示にする