Follow @syozopanda

CSA⇔mscr

音楽の事をあんな視点、こんな視点から綴ります。

新作アルバム「HIRAMEKI」について。

今年の2月半ばからひっそりこっそりやりだしたプロジェクトがあります。

僕はそのプロジェクトを「速攻」と名付けていました。

どういうことかと言うと、曲作りから録音までがまぁ早いんです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

僕のいつもの曲作りのパターンを一例挙げると、まず楽器を弾きながらメロディが出来上がることが多いです。歌詞に関しては、メロディと同時進行で書くタイプです。

これはミュージシャンによって違うのでしょうが、僕はそのパターンが多いかな。

大体一曲として出来上がるのは早いもので数時間、遅いものでは数日かかることもあります。

で、そうして出来上がった楽曲はパソコンソフトを使用してレコーディングされます。

いわゆるDTM(デスクトップミュージック)ですね。

プロのミュージシャンならそこからCDリリース、果てはライブ…と流れがあるのでしょうが、僕はDTMにて一曲を完成させることを目標としています。

最近ではSoundcloudにUPすることがひとつのゴールでした。

 

しかしまぁ、レコーディング作業ってのはとても奥が深く、「これで完成!」となるまではなかなか時間がかかるのです。

そうですね、あらかたの形は1日あれば一応出来上がりはしますが、色々とやり直したりするので一ヶ月くらいはかかるかもしれません。

 

「速攻」というプロジェクトは主に「曲作り」の段階がめちゃくちゃ早いんです。

まず頭の中でほんの少しメロディ(と歌詞)を作り、その頭の中で鳴っているメロディに実際にコードを当て、あとは勢いに任せてダダダーッ!っと作り上げます。

5分で書き終わるものから、長くても数十分程度で作り上げます。

 

ところで、昨今のJ-popの主な曲構成の話をさせて頂きますね。

大体が、

「Aメロ→Bメロ→サビ→Aメロ→Bメロ→サビ→大サビ→サビ」

という流れです。

もちろん例外はありますけどね。いつからかJ-popというジャンルはこんな曲構成の物が主流になりました。音楽にそこまで詳しくない人でも「2番のAメロ」とか「ラストの大サビが〜」とか言いますもんね。

僕自身そういう構成の曲はいくつもありますし、大体のミュージシャンなら身体に馴染んでいる曲構成だと思います。

 

ですが、「速攻」というプロジェクトにて生まれた曲は殆どが「一番のみ」です。

なので一曲一曲の再生時間はとても短いです。1分未満の曲もあれば、大体は2分台。一番長くても3分半くらいです。

 

ではなぜ短いのかと言うと、それこそ「速攻」だからです。笑

ミュージシャンは大体曲を書いてるときに「うわ、この曲まじヤバくね?」と思っています。笑

傍から見れば自画自賛なのでしょうが、自分の曲の一番のファンは自分でないとダメだとも思うんですよね。そうじゃないと音楽してて楽しくないですもの。

…が!

その感覚は曲作りを続けていくうちに「いやでも」「うーん」「ないわー」などなど、ネガティブな感情に消されていってしまいます。

そっちモードに入ると曲作りは一段と難しくなります。モチベーションが落ちる、とでも言うのでしょうか。

そうして没にして来た曲は個人的に死ぬほどあります。その曲のことが段々嫌いになるんですよね。

 

「速攻」はそうならない為のプロジェクトでもありました。

「うわ、この曲まじ良い!」って思えているその瞬間の熱量を大事にしたんです。

これが「速攻」の一番のポイントです。初期衝動って大事。

 

そうして出来上がった「HIRAMEKI」というアルバムには全20曲収録されています。

20曲あっても約45分で聴き終えてしまう一曲一曲の短さ。笑

その日、その時、その瞬間にしか生まれていなかったであろうメロディ、歌詞のオンパレードです。正直自分でも「自分からこんなメロディが?!」と驚いています。

ほとんど即興に近い形で生み出した曲の、その新鮮味を失わないようにレコーディングをし、パッケージングしました。

 

この「HIRAMEKI」という作品はフリーダウンロードを予定しています。

パソコンさえあれば誰でもダウンロードし、スマートフォンiPodに入れて聴くことが出来ます。続報をお待ち下さいませませ。

で、パソコンをお持ちでない方への聴いて頂く方法も考えているのですが、まだ今ひとつまとまらないので、まとまり次第ここにアップしようと思います。

 

なんかとても自分らしい作品が出来たと思っています。

ミュージシャン仲間や友だちに聴かせて感想を聞きたいのをグッとこらえているのでまだ客観的な意見を聞けていませんが、僕としてはそう思います。

 

なんとか4月中には配信まで持って行きたいと考えているので、楽しみにして頂けたらなぁ、と…。

 

あ、ちなみにこのアルバムの名義は"MSCR"です。

この名義に未だ全然慣れてなくて、「MSCRて」って心のなかでセルフツッコミを入れている毎日です。慣れる日が来るのかなー。

 

広告を非表示にする