Follow @syozopanda

CSA⇔mscr

音楽の事をあんな視点、こんな視点から綴ります。

『OTONA CHILD』全曲解説【後編】

前編はコチラ↓ masacla.hatenablog.com アルバムのリリース詳細はコチラ↓ masacla.hatenablog.com それでは、早速後編を書いていこうと思いますよ〜〜〜 06.halo halo…つまり暈(かさ)のことです。太陽や月の周りに出来る光の輪ことですね。 個人的な趣味で、…

最近聴いたものの感想文。

Apple Musicに登録してからというもの、日々新しい音楽を探すのが楽しくて仕方がないわけですが。 最近見つけてしっかり聴いたものを感想文とともにバババーッと挙げていきますね。 Maison book girl www.youtube.com 日本における「アイドル」という文化の…

世知辛いよ!がんこちゃん!

小学生や中学生の頃、極稀に風邪などをひき、学校を欠席する日があった。 そんな日は決まって、布団に入り、ぼうっとした意識で自室にあった小さいブラウン管でNHK教育を観ていた。今で言うEテレである。 朝の時間はどの民放も大人が見るようなニュース、ワ…

『OTONA CHILD』全曲解説【前編】

5月の14日にリリースを開始した『OTONA CHILD』ですが、フリーダウンロードやCDの販売、ぼちぼち行われています。嬉しい限りです。 特に、CDの販売はやって良かったなぁと感じています。プレスなどの作業を業者さんに発注をしていないのでそれなりに手間暇が…

ストレイテナーの「Future Soundtrack」を聴いたであります。

ストレイテナーが新譜を出した。前作から二年ぶりのアルバムである。 Future Soundtrack ストレイテナー ロック ¥2100 Future Soundtrack(初回限定盤)(DVD付) アーティスト: ストレイテナー,Atsushi Horie 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック 発売…

☆「OTONA CHILD」ダウンロードページ&リリース案内ページ

こにゃにゃちわ。どうも、僕です。 さて、僕が制作しましたアルバム「OTONA CHILD」のリリースの準備が出来ましたので、ご案内申し上げます! どんな感じ?って人はトレーラー映像を観てもらえたら…! www.youtube.com 今回のリリース形態は ・フリーダウン…

新作アルバム「OTONA CHILD」について。

早速だけれど、元々このブログを始めたのは、自分が制作した音源を発表するためでありました。 2年前に制作した「HIRAMEKI」という作品を、フリーダウンロードという形でリリースするためのプラットフォームと言うような意味合いでこのブログを立ち上げたん…

よつば。

あずまきよひこ作の漫画「よつばと!」の最新巻が発売された。 よつばと!(14) (電撃コミックス) 作者: あずまきよひこ 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2018/04/28 メディア: コミック この商品を含むブログ (18件) を見る 前の巻から約二年半振りの新刊…

Apple Musicを利用して思うこと。

ここ十年くらい、「音楽の価値とは」という事を考え続けていた気がする。 「モノ」としての価値には、デジタルコンテンツはどうしても勝つことが出来ないし、人は(そして日本人は)「モノとしての価値」にとても強い拘りを持っているように思える。 保存用、…

【理想のセトリ】ASIAN KUNG-FU GENERATION.

先日、AKG先生からベスト盤リリースの告知がありましたね。 natalie.mu これについて、ゴッチ氏からの声明というかカラクリというか…も読みました。 アジカンのベスト盤とツアーに関するあれこれを書きました。 via BONES & YAMS https://t.co/VciMCcCjF0 — …

雑草の名前。【「二人セゾン」/欅坂46】

僕が48グループの事をなんとなく苦手な理由として、プロデューサーであるA氏の存在が脳裏をチラついてしまうからだと思う。 A氏のプロデュース能力…それは言い換えればマーケティングだったりプロモーションだったりするのだけど、それは確かに凄いんだと認…

自宅に防音室(ボーカルブース)を作った話。【後編】

前編はコチラ↓ masacla.hatenablog.com さて、今前編改めて読み返したらほぼほぼ終わってますね作業w 軽くまとめると、 設置場所、使う材の決定→設置→遮音シート、吸音材の貼り付け までですね。この時点で作業の殆どは終わっていると言っても過言では無い…

ナッツ最強決定戦。

お酒のおつまみにミックスナッツをよく食べます。 ミックスナッツは身体にも良いからよくオススメされてるけど、推奨されてる量は手のひらの半分くらいなんですって。 でもミックスナッツって止まらないよねー。ものすごく食べちゃうよねー。 ということで豆…

自宅に防音室(ボーカルブース)を作った話。【前編】

宅録の最大の難点は「生モノ」の録音です。 生モノとはつまり歌やアコースティックギターなどをマイクで集音する事ですが、やはり歌うと音が響き、同居人や隣人などに迷惑がかかってしまいます。 ま、早い話がそういう生モノを録音するブースを作ることにし…

プライムミュージックで最近聴いているもの。

ちょいちょい出てくるプライムミュージックネタです。 主に仕事中に作業用BGMとして小さな音で流しているのでサウンドの細かい所まで聴けていないのだけど。新しい音楽の出逢いに貢献出来ればいいな、という記事です。 リンク多いので重いかも…? Of Monster…

「M-1グランプリ 2017」の感想。

今年は時期的に早い気もしましたね!もっとクリスマスあたりにやってた記憶が強い。 www.m-1gp.com さて、優勝はとろサーモンさんに決定しましたが、僕なりの感想文をつらつら書きたい。なんて偉そうに書いてるけど、ただのお笑いファンの1人の意見なので、…

音楽の冬。

昨夜通ったバイパスの上部に設置されている温度計(というかその時の外温度を表示しているLED電光掲示板)に「3℃」と表示されていた。紛れもなく「冬」という季節の中にいるのだなぁという事を思った。 秦基博氏が「鱗」という曲の中で名フレーズを書いている…

NIKKI、1121。

ただの日記。というか雑記を。 ・at ◯ックオフ この話をするには、少し前書きが必要になるのでツイートでなくブログとして長文を書こうというはからい。140字には収まら無さそうで。 一月前ほどに、約4年使用したiPhone5Sの画面がバッキバキに割れ、機種変更…

スーパーマーケットで鬼ごっこ。

昨日のことである。 僕が住む街は台風の影響で激しい雨に覆われていた。 行き交う車はどれも激しめにワイパーに同じ行動をループさせ、運転席に乗る人間の視界を遮る雨粒を、スプラトゥーンで言うインクリーナーを彷彿とさせる働きで明瞭に保っていた。 最近…

向井秀徳を観た。@佐賀さいこうフェス 2017.10.22(sun)

僕が初めてNUMBER GIRLというバンドを知ったのは高校生の時で、当時入り浸っていた地元のTSUTAYAに置いてあった独特なアートワークをしたベスト盤を手にした時だった。 OMOIDE IN MY HEAD 1 ~BEST&B-SIDES~ アーティスト: ナンバーガール,NUMBER GIRL 出版社…

イヤホンジャックロス。

ひょんなことで4年近く使い倒してたiPhone5Sの画面が乾燥した火星の大地みたいにバッキバキに割れてしまい、機種変更を余儀なくされました。いや、むしろ嬉々として変えたんですけどね…。 割れてなければ今でも5Sを使っていたのでしょうが、バッテリーもくた…

あまぷらにあるじょせい。

「Amazonプライムミュージックにあるオススメの女性ボーカル」 というタイトルにしようとしたのだけど、なんかもう説明くさいのでやめました。タイトルだけ見たら全然意味わかんないですね。 以前にも似た記事あげましたが、 masacla.hatenablog.com (↑の記…

ZOMBIE meets MUSIC.

「ウォーキング・デッド」なる海外ドラマシリーズを狂ったように観ている。 www.youtube.com 現在シーズン6の半ばまで鑑賞を終えているのだが、この作品を観続けていると、少しだけ物事の価値観が変わってくる。 つまりは、「ゾンビ社会になってしまったら、…

大坪加奈の声に夏が溶ける。

Spangle call Lilli lineというバンドがいる。 すぱんぐる、こーる、りり、らいん。 僕はこのバンドの事を10年近く好きで居続けている。 SCLL(と略すことにする)の音楽はなかなかに特異であると思う。 ハンターハンターで言えば特質系だと思う。 ちなみに強…

最高の一曲目。

おまえら、おはこんばんちわ。 まぁ、音楽を聴くと面白いのだけども、その聴き方というのは実に様々ありまして。 iPodなんていう多容量なデバイスに数千、数万の曲が入っているとしたら、そこからシャッフル再生させたりでありますとか、このアーティストの…

NeriKeshi.

クラス一の優等生であり育ちの良いNくんが、なにやら不思議なもので書いた字を消していた。 そう、クラスでは「練り消し」が大ブームだった。 練り消しとは、まるで柔らかい粘土のような消しゴムの事で、それまで「消しゴム=固いゴム」という概念を覆した画…

こころおどる、わーど。

この先何か辛いことがあったとして、夜も眠れなくなってしまった事を想像すると、非常に辛い。 何をそんなネガティブな、とお思いかも知れないが、あなたにだって来る可能性のある夜のことかも知れないのだ。きっと無視は出来ない。 そんな夜の為に、見ただ…

ボリューム。

僕は高校時代にバイトを2つした経験がある。 ひとつは、年末年始に年賀状を専用の自転車の荷台に詰め込み、エッサホイサと寒空の下ペダルを漕いでぬくぬくとことつに入り込み三が日の団欒を楽しんでいるであろう家庭のポストへ行き場のない怒りとともに年賀…

凍狂に赴いたら赴いてみたい場所。

趣があるところに、ね! なーんて言ってますけども。 僕、上京の経験がありませぬ。 だから東京って場所は凍るに狂うと書いて「凍狂」だと思ってます。(©うすた京介) そんな田舎者が、勝手なイメージと憧れを胸に抱いて、凍狂に行った際には是非とも訪れてみ…

aikoの虜。

ちょっと一回黙ってこれを聴いてください。 www.youtube.com 名曲ですね。ちょっとでも音楽が好きな人なら絶対に知っているであろうこの曲。 彼女の代表曲でもあります「カブトムシ」です。 1999年という年。 音楽の神様がもしいるのであれば、彼は90年代後…